FC2ブログ
See more details
Title List

相続人に相続不適格者がいる場合には? 相続排除

世の中には、被相続人の子や兄弟でも被相続人に暴力を振るう、被相続人を侮
辱した、被相続人の財産を無断で処分するなど、相続人として相応しくない人
物も中にはいます。

相続人の廃除とは、相続財産を遺す者の意志に基づいて、こういった相続人の
相続権を剥奪することをいいます(家庭裁判所に請求)。

廃除された相続人は、相続財産を遺す者が「廃除の取消し」をしない限り何も
相続することはできません。

ただし、配偶者や直系卑族にはなどに対して、相続分の最低限の保障を遺留分
という形でみとめています。もし、簡単に相続人の地位剥奪が認められれば、
法律で遺留分制度を設けている意味がなくなります。このため、相続人の廃除
は手続きを行えば必ず認められるわけではなく、廃除しようとする相続人が次
のいずれかに該当し、家庭裁判所が審判を下すことで廃除することができます。

1.財産を遺す者を虐待した場合
2.財産を遺す者に重大な侮辱をした場合
3.相続人となる者が著しい非行をした場合
4.財産の大部分を勝手に処分した、重大な犯罪(強盗、殺人等)を犯した、
  長年の不貞行為や度重なる多額の借金を繰り返し家庭を顧みない等

相続人の廃除は、相続人に与える影響が大きいので喧嘩をしたときに殴られた、
暴言を吐かれたという理由だけでは、なかなか認められないようです。

「相続人の廃除」によって子の相続権を奪った場合、廃除された子に子(財産
を遺す者から見ると孫)がいれば、相続のときに子の子(孫)が廃除された子
の相続分を代襲相続します。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK