FC2ブログ
See more details
Title List

遺留分とは

夫が病死し、遺言書を残していましたが、愛人にすべての財産を贈与するといった内容です。
夫との間には子供もいます。

愛人に全て渡さなければならないのでしょうか?
私達家族に、相続分はまったくないのでしょうか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この場合、まず遺言書が有効化が問題となります。
無効なものであれば、渡さなくて問題ありません。

また、有効な遺言だとしても「遺留分」については取り戻すことが可能です。

遺留分とは相続人が最低限相続できる分のようなものです。
遺留分を有する相続人は、配偶者、子、直系尊属(親など)、代襲相続した直系卑属(孫など)です。
※「子」には胎児も含まれます。

兄弟姉妹は遺留分を有しません。このため遺言により相続させないことも可能です。
また、相続欠格・廃除・放棄によって相続する権利を失った場合、同時に遺留分も失います。

遺留分の割合ですが、相続人が直系尊属(親など)のみであった場合は3分の1、それ以外は2分の1になります。

生前に贈与された財産も遺留分の対象となります。
死亡の1年前迄無条件で加算され、また、当事者双方が他の相続人を害することを知った上で行った贈与は1年に限らず加算されます。

遺留分を取り戻す請求のことを「遺留分減殺請求」といい、この遺留分減殺請求は「知ったときから1年間」で時効となりますのでご注意ください。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK