See more details
Title List

スポンサーサイト

Read More »

ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。 よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。 世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。...

Read More »

読書中です。天空の舟

小説「天空の船」宮城谷昌光(みやぎたにまさみつ) 夏~商(殷)時代を書いた小説です。宮城谷さんは「文字」というものにこだわった人です。 象形文字からその時の風景を想像する書き方が良いです。 中国古代史が題材の小説が中心です。  主人公は ”伊尹(いいん)”言いにくいです。 まだ文字が発明される前の時代、夏王朝(かおうちょう)伝説の時代です、その後の商(殷)の時代は遺跡 も発掘されてますが、この時代のものは...

Read More »

ワンマン社長の悲劇

中小のワンマン社長様。独り善がりになっていませんか?かくゆう私も、なりがち。気を付けましょう...

Read More »

草原の風 

項羽と劉邦から200年後、曹操と劉備と孫権の三国時代から遡ること200年前。漢皇室は外戚の王莽により皇位を簒奪され、途絶えた。これより以前は、以後前漢といわれる。本来であれば、皇帝とは無縁であった傍流にあたる劉秀。天命に従い立つ。三国志よりさかのぼること二百年。曹操・劉備・孫権の活躍にもひけを取らない、こんなにも面白い時代があった!中国史上燦然と輝く名君・光武帝が二千年の時を経て甦る!劉邦の子孫にして、勇...

Read More »

楊令伝:北方謙三著

最近読んだ本北方謙三前著水滸伝のスピンオフ続編前作登場の楊志の養子の楊令のお話。梁山泊を失った梁山泊軍、新たな場所に新生梁山泊を造り、楊令をリーダーに迎え、倒幕運動を再開す。戦費を塩から物流に進化させ、新たな国家の形を模索する。最初のうちは良かったのでけれど、最後のほうは何だかぐたぐだ。楊令伝一覧<by amazon>...

Read More »

Recent Pics

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。