See more details
Title List

スポンサーサイト

Read More »

新茶(しんちゃ)

一番茶と基本的に同じお茶のことですが、初物や旬のものとして呼ばれます。さわやかな香りと旨み、甘みが特徴の「新茶」「新茶」とは、その年の最初に生育した新芽を摘み採ってつくったお茶のこと。鹿児島などの温暖な地域から摘み採りが始まり、桜前線と同様に徐々に北上していきます。「新茶」と「一番茶」とは基本的に同じお茶のことで、呼び方が異なるだけです。その使い分けとしては、「一番茶」はその後に摘み採られる「二番...

Read More »

茶葉を摘み採った順番に応じて、「一番茶」「二番茶」「三番茶」と呼ばれます。一番茶は新茶と呼ばれることもあります。摘み採った順番による呼ばれ方一番茶は、その年の最初に生育した新芽を摘み採ってつくったお茶のこと。以降、摘み採った順番により、「二番茶」「三番茶」と呼ばれます。「一番茶」のことを「新茶」と呼ぶこともあります。「一番茶」はその後に摘み採られる「二番茶」「三番茶」などと対比して使われることが多...

Read More »

番茶(ばんちゃ)

番茶は、「番外茶」からきているといわれており、大きく4種類に分類されます。一番茶の手摘み、あるいは若芽を摘採した後の遅れ芽を摘採したもので、品質は良好。(専門的には「一茶番」)三番茶を摘採せず、そのまま枝葉を伸ばしたものを秋に摘採したもので、量的にはもっとも多い。(専門的には「秋冬番茶」)仕上げ加工工程で、大きく扁平な葉を切断せずに取り出し、製品化したもの。(専門的には「頭(あたま)」)北海道、東...

Read More »

ほうじ茶(ほうじちゃ)

煎茶などを炒ることで、香ばしさが引き立ちます。香ばしい香りの「ほうじ茶」漢字で「焙茶」と表記されることもある「ほうじ茶」。煎茶、番茶、茎茶などをキツネ色になるまで強火で炒って(ほうじて)、香ばしさを引き出したお茶のことです。この他に、煎茶や番茶の仕上げ加工工程で選別した形の大きい葉や茎を混ぜ合わせ、炒った(ほうじた)ものも含まれます。ほうじ機でほうじ香が生じるまで約200度で加熱し、すぐに冷却されま...

Read More »

玄米茶(げんまいちゃ)

玄米とほぼ同じ量の番茶や煎茶を混ぜてつくられる玄米茶は、さっぱりとした味わいで、幅広い年代の方にお勧めできるお茶です。炒り玄米の香ばしさが楽しめる「玄米茶」水に浸して蒸した玄米を炒り、これに番茶や煎茶などをほぼ同量の割合で加えたお茶が「玄米茶」となります。炒り玄米の香ばしさと、番茶や煎茶のさっぱりとした味わいが楽しめます。玄米が混入していることで、煎茶や番茶の使用量が少なくなることから、カフェイン...

Read More »

Recent Pics

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。